シェア先生の授業リポート

2017/11/13
山口県 慶進中学校の巻

写真
校舎の玄関

出前授業は7年目を迎える。この学校の卒業生が東京証券取引所で働いていて、修学旅行で東京に来た際、東証を見学してくれるのでその事前授業として伺っている。
私が伺うのは3年ぶり、校舎を工事していたが完成をし、はじめて全貌を見た。
授業をさせていただく教室は、日が燦々と当たる教室で広々としていて大変環境が良い。

写真
紅葉がきれいだった。

前半は株式会社のしくみをお話しし、後半は、東京で行動を共にする班で「ブルサ」と言う株式を売買するボードゲームを行った。集合が早かったので、10分ほど授業を早く始めることができたので、ゆっくりと考える時間を十分とりならが行うことができた。
ニュースを聞いて自分で判断をし売買するゲームだが、最終問題の時、「これが最後の問題です」と言うと生徒達から「え~」「え~」「まだやりたい!」という声が聞こえ、先生から「飛行機の時間が間に合うなら、7時間目も取ってあるので、授業を延長してください。」と依頼された。

答えの株価の変動を発表すると、「わー」「きゃー」「やったー」「あー」と大きな声が教室中に響き渡り何も聞こえなくなるが、「ここからの解説を聞くのが勉強です。」というとすぐに静かになる。しっかりと切り替えのできる生徒達で授業が進めやすかった。

これから風邪が流行る季節となる、全員が元気に東京に来てほしい。


<シェア先生(まち)>

<山口県慶進中学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ