シェア先生の授業リポート

2017/07/06
千葉県 船橋市立高根台中学校の巻

写真

暑い。暑い。暑い。なんと暑い日だ!
高根台中学校へは、駅から1.5㎞ほどあるが、バスもちょうどよい時間のものがなく、歩かなくてはいけない。中学校手前の幼稚園では、園児たちが水浴びをしている。空に両手を挙げ先生がまくホースからの水を体いっぱい浴びようとしている。学校の校門に近づくと、騒ぎ声、水しぶきの音、ホイッスルが絡み合って聞こえてくる。建物の上にプールがあると想像がつく。学校に着くまでに、もうヘロヘロの状態になったが、これからお昼休みを挟んで4時限授業が続く。

総合の時間で伺ったが、校長先生も担当の黒田先生も経済への関心や金融経済教育の必要性を感じてくださっていて、これから大人になる生徒達へ役立つ、活きている授業を行うよう模索し、その環境を生徒達に与えられるよう考えていらっしゃるのが良くわかった。

お昼休み後は、体育館での授業、お昼休みに生徒達が机と椅子を運び入れ、2クラス合同となる。扇風機を用意してくれたが、人数が多く、暑いので、生徒たちの集中力が持つか心配だった。
しかし、楽しみながら授業をしてくれて1問1問に一喜一憂し、楽しんで授業をしてくれた。
今年の夏は、この暑さがずっと続くのか・・・夏は暑いなら暑い。冬は寒い方が経済にとってはいい事だ。天候も経済に影響を与える。きっと高根台中の生徒達は今日の授業で分かってくれただろう。
しかし、暑い。暑い。暑い。

<シェア先生(まち)>

<千葉県船橋市立高根台中学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ