シェア先生の授業リポート

2017/01/20
東京都 中央区立阪本小学校の巻

毎年、この時期に金融リテラシーサポート部の仲間とご近所の阪本小学校に伺い、先生方と会社の仲間、5・6年生、たくさんの人数で「ブルサ」という株式の売買を行うボードゲームを行う。
阪本小学校は、金融経済教育が盛んな学校で低学年から力を入れている。「コレド阪本」という活動では、出資をし、お店をつくり、仕入れ、製造(例えばろうそく作り)、販売、宣伝などを自ら行い、学校で使える架空のお金で保護者や児童がお買い物をする。
知らず知らずのうちに貸し出しや金利、売る商品の価格設定など、様々なことを勉強している。

阪本小学校は、明治6年に「第一大学区第一中学区第一番小学 阪本学校」として始まった歴史ある小学校だ。今年、新校舎の建て替えのため、隣の阪本公園に仮校舎を建て移転をするらしい、趣のある校舎、毎年行っていたあの体育館が無くなるのはさみしい限りだ。

<シェア先生(まち)>

<東京都中央区立阪本小学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ