シェア先生の授業リポート

2016/11/17
広島県 福山市立鞆中学校の巻

写真
学校の卒業生の作品にも「鯛」

福山駅から瀬戸内海に向かう、鞆ノ浦という所に学校はある。学校に行くまでは、校長先生が車に乗せてくださった。
海や町はとてものどかで宮崎駿さんがポニョを書く時に滞在をしたらしく、それも納得する素敵な場所だ。鯛のちくわ、かまぼこ海産物が有名だとすぐにわかる看板が道沿いにはたくさんあった。

授業は前田先生がしっかりと事前準備をしてくださったおかげで「株式会社の仕組み」がスムーズに進んだ。

写真
生徒達が作ったガイドMAP

地元の株式会社名を聞くと造船業、運輸業、海産物の会社をみんなが答えてくれた。一番多く出た会社名が、「阿藻珍味」と言う株式会社。最初の生徒さんの声が小さく聞き取れなく、「あもう珍味、あんも珍味、あんの珍味」と私が繰り返すと、クラスのみんなが「あも珍味」と答えてくれた。帰りの車で校長先生が、生徒達が言っていた会社名は、中学2年生の時に職場体験をした会社だと教えてくださった。


写真
駅から見えるお城

福山駅で新幹線に乗るとき「阿藻珍味」の看板を見た。その下には練り本商品がずらりと並んでいた。
これは買って帰らねば!鯛の看板もたくさん見たし、やはり鯛のちくわ、ままかり入りのチーズちくわ、じゃこ天、ピリ辛ゴボウもおいしそう。からし天も!!
保冷剤も入り、最初から持っていた自分の荷物より重くなり、練り物って意外と重いことを知った。鞆中学校の皆さんは、会社の広告塔で、私はみんなからこの会社名を聞かなかったら、購入はしなかったと思う。帰りの新幹線で会社のホームページを見ると尾道ラーメンや、食事処もある大きな会社だった。調べると新たな発見がある。今回の出前授業でも、福山駅の目の前にお城があることを知った。初めての福山滞在は数時間だったが、次回は仕事ではなくゆっくりと鞆ノ浦や瀬戸内を観光したい。お土産に頂いた皆が作った「鞆の行ってみたい場所ベスト3」の紹介と地図を見るとレンタカーを借りてドライブしている自分を想像してしまう。


<シェア先生(まち)>

<広島県福山市立鞆中学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ