シェア先生の授業リポート

2016/07/15
石川県 石川県立金沢桜丘高等学校の巻

写真
金沢駅

北陸新幹線が開通し、1年4か月ほどたつが、北陸新幹線の利用者数は1年間で2000万人以上、好調な15年度の外国人観光客の1970万人を超える。15年度の大ヒットだ。
そんな私も例外にもれず、金沢だけでなく、今までは遠かったが近くなった富山旅行も含め1年間で3回も北陸に出かけた。

写真
昔の校舎

授業はきれいな白い校舎で、クーラーも効いて、先生がしっかりとご準備をしてくださっているので、申し分のない環境で授業をさせていただいた。飛行機に乗り、小松空港から学校へ行ったときは、校舎が建設中でプレハブの校舎で授業をした。
暑いので窓は開けたが、暗幕を閉めてスクリーンに映像が映るようにしたため、風が入らず、汗がだらだらの状態で授業をして、バスを待つ金沢駅の駅ビルで10分間でシャツを買い、着替え、バスに飛び乗った記憶がある。
授業は、さすが高校生、空気も読んで授業がスムーズに進むように配慮をしてくれるので、2時間があっと言う間に過ぎた。

写真
部活も盛ん 

校舎の前でタクシーを待っていると、「こんにちは」「こんにちは」と大きな声であいさつをして走っていく、たくさんの道具を持った野球のユニフォームを着ている生徒達。きっと1年生だろう。先輩たちが来るまでに準備をするため急いで走ってグランドに向かっているのだと思う。
前の校長先生が、「この高校は、勉強だけて選んでいるのではなく、部活をしたいからこの高校を選んでいる生徒も多いんです。」と言われたことを思い出す。
私はテニス部だったが、今思えば、あんなに打ち込めて、週6・7日練習をできる環境は中学・高校の部活しかなかったなと思う。ランニングは大変だったが。
大人になってテニスができる環境が欲しくて、スクールに通って、結構月謝が高いことを知り、レベルは、バラバラ、そんなに打たせてはもらえない。最初は上達を目指したが、この環境は、健康維持だと知った。
何をするにもお金がかかり、結構高いことを社会人になってから知った。もっと学生時代、学校で、大学で勉強、スポーツをすれば良かったと後悔したことがあった。


君たちが社会人になる時は、自分の資産は自分で守る、増やすことが今以上に必要な時代になると思う。なにかを勉強しようとしてもお金がかかり、高いなーと思う時が来るだろう。今は、この高校生活を有効に使って、今しかできない自己投資をしてほしい。


<シェア先生(まち)>

<石川県石川県立金沢桜丘高等学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ