シェア先生の授業リポート

2016/05/25
茨城県 茨城県立波崎柳川高等学校の巻

写真
校舎

東京駅から、鹿島神宮行の高速バスに乗った。天候は曇り空、片道約1時間30分の道のりだった。    終点手前のホテルで降車し、迎えの車を待っていると、小雨が降ってきた。おまけに風も強く吹いてきて、ちょっとさみしい感じ・・・・。
出迎えていただいた車に乗り、学校までの道中、景色を見ながらすこし話を伺った。やはりサッカーが盛んで、サッカーグランドが数多くあり、雪の多い地方から合宿練習で訪れる生徒も多いようだ。あとは海に近いので海風を利用した大きな風力発電機が何機も遠くに見えた。
校舎は築30年だそうだが、まだ新しく見える、周囲は緑が多くてとてもいい環境、最寄駅からは少し離れているようで、生徒は路線バスを利用するか、家族の送迎で登校しているとのことだった。


今日は1年生が対象。いくつか選択できる中で、希望を募り、約30名が集まってくれた。
教室に入ると、みんなちょっと緊張した面持ち、何が始まるのかと興味津々な感じ!?
2コマのうち前半は授業形式での説明、配当金、株主優待、株主総会・・・聞きなれない言葉にちょっと戸惑っているようだ。この後、ゲームをすると伝えるとホッとした空気になった、説明が難しかったのかもしれない??


後半になり、4人のグループを作ってゲームの準備に取り掛かった。前半に比べて、緊張も取れてきたようで、かなり明るい雰囲気になってきた(まあ、こっちの方が楽しいよね、きっと!)。
ゲームのルールを説明したが、株を買うと言われても・・・・と、ためらう生徒も。。。
1問目、2問目と終わり、3問目になるとかなり慣れてきてくれたみたい、早く次の質問を聞きたそう。でも、その前に「人生カード」、 この時がいちばん盛り上がったかも!?



少しずつ、ゲームを通じて、考えることの楽しさに気づいてくれたようだ。中国の人件費?ニューヨークの株価??円安・円高???生徒一人一人のリアクションが大きくなってきた。「え~っ、どっちだっけー!?」、「どーなるの~~??」と、前半とは大きく違う盛り上がり!生徒の喚声を聞きつけた先生方が集まってきた。全部で6問出題したが、もっと続けてほしいとの声、でも最後にもう一度「人生カード」で終了!!最後は笑顔で、真剣に取り組んでいる態度が強く印象に残った。

後日、担当の先生から、8割の生徒が高評価でしたと伺いました。
短い時間ですが、とても楽しい時間が過ごせたことに、そして生徒たちにとってもいい経験になったかもしれないことに、感謝です!


<シェア先生(鈴)>

<茨城県茨城県立波崎柳川高等学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ