シェア先生の授業リポート

2016/02/09
千葉県 市川市立二俣小学校の巻

写真
大きな校舎

来週、東京見学の中で、東京証券取引所に来てくれる6年生2クラスに事前授業に伺った。
最寄駅は京葉線の二俣新町駅。高速道路の千鳥町インターも近い場所で、車ではよく通る場所ではあるが、歩いて降りたのは初めて。
周囲は大きな会社や工場が立ち並びその真ん中に学校がある。
校庭も広く、もともとは児童数も多い大きな学校だったのだろう。

株式の話は、小学生には難しい話なので、まず、最初に今日朝起きてから今までにみんなが使ったものを作っている会社はどこがある?と聞いてみた。たくさんの会社に囲まれて生活していることを気づいてもらうために質問をしたのだが、中学生でも会社名が出てこない生徒も多い中、今日は2クラスともたくさんの会社を発表してくれた。小学生でこんなにたくさん出てくるのはすごい。

写真
正門前

株式のロールプレイングでは、あまり時間がないため先生に事前に社長や株主を決めておいていただいた。みんな楽しそうに参加してくれて、見ていた児童のみなさんも、少しは理解してもらえたのではないかと思う。

来週、東証に来た時には「ここで株の売り買いをしているんだ」と感じて、興味を持ってもらえるといいな。
元気に手を振ってくれたみんなに、来週また会えるのを楽しみにしています。

<シェア先生(AK)>

<千葉県市川市立二俣小学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ