シェア先生の授業リポート

2015/09/04
福島県 KTC中央高等学院(福島県郡山市)の巻

写真




郡山市にある、通信と通学で学ぶことができる高校に伺いました。
東北新幹線の郡山駅を降りて徒歩10分弱という立地にありながら、周囲は落ち着いた環境です。


写真

校舎に入り事務室に向かう途中、「こんにちは」と複数の生徒さんが声をかけてくれました。初めての土地・学校でちょっと緊張気味だったところ、生徒さん達に明るい挨拶で迎えてもらい、ちょっとほっとした気持ちになります。
校舎のあちこちには、通信(サテライト)で授業を配信してくる屋久島の「おおぞら高等学校」の写真などが飾られています。
先生によると、年に1回、屋久島の学校に行く機会があるそう。台風にぶつかって大変なときもあるとのことです。海と山の大自然に囲まれた環境で、生徒さんたちはきっとたくさんのことを学ぶことが出来るのではないかと思いました。

授業では、高校1年生から3年生までの約40名程度の生徒さん達を対象として、「株式会社の仕組み」の授業とボードゲーム「ブルサ」を行いました。
授業に参加するのも自由というスタイルのところでしたが、実際に授業を始めてみると、多くの生徒さん達が最後まで授業に参加して耳を傾けてくれました。

写真

その後、続けて「ブルサ」を実施。先生2名も加わり、各チームごとに取り組みました。最初のうちは自分の番にパスをする生徒さんが多かったのですが、問題が進むにつれて、じっくり考えながら売買を行う姿があちこちで見られるようになり、頑張っている姿がとても印象的でした。
優勝したのは、「株式会社の仕組み」で社長役をやってくれた生徒さん。当初手持ちの資金もしっかり倍以上に増やし、とても頼もしかったです。



「また来年もぜひ来てください」との先生のお言葉。
屋久島の学校も経験して、きっとひとまわり大きく成長する生徒さんたちにまたいつか会える機会があることを楽しみにしています。


<シェア先生(杉)>

 

 

このページのトップへ