シェア先生の授業リポート

2014/10/10
神奈川県 神奈川県立平塚中等教育学校の巻

写真

0月10日、神奈川県立平塚中等教育学校に伺った。
同校は2009年に開校した神奈川県初の公立中高一貫教育校で、神奈川県のほぼ中央に位置する平塚市にあり、JR東海道本線平塚駅からバスで約10分の距離だ。サッカーチームの湘南ベルマーレが本拠地としている平塚競技場のある平塚総合公園に隣接しており、周りは緑に囲まれ環境は素晴らしい。ただ出前授業の直前、台風18号の影響により平塚市の所々で冠水したとのニュースを見ていたので、その影響を心配していたが、大きな影響はなかったようだ。

写真
プレゼンの様子

今回の出前授業は、担当の先生から、中学3年生の授業で実施している株式学習ゲームをさらに充実したものにしたいということで、生徒達のプレゼンテーションの評価をしてもらいたいという内容だ。事前に4クラスそれぞれに10チームほど編成して会社を1社選んで発表会を行い、1次予選として各クラス4チーム前後を選び、出前授業では全体の中から4チームを選ぶこととなった。
出前当日はクラスごとの発表ということで4時限いただき、クラスそれぞれで発表を行った。各チーム5分間という限られた時間の中で、発表に選んだ会社の事業内容や業績、今後の展開などの説明があり、また株価チャート分析を行うチームもあって、とても充実した内容が続いた。中学生でこれほど充実した分析ができることに関心するとともに、パワーポイントや小道具を使用して聞いている人たちを楽しませる工夫もいろいろあり、興味深く聞かせてもらっている間に4時限があっという間に終了した。

後日、先生と相談して4チームを選んだが、選ばれたチームは10月下旬の文化祭で発表会を行うとのことだ。それを聞いた父兄の方々はレベルの高さにきっとびっくりするだろう。
選ばれたチーム以外も2月まで株式学習ゲームを続けるという。生徒達には引き続きこの学習を通じて世の中の生きた経済の動きに関心を持ってもらいたいと思う。


<シェア先生(シーサ)>

<神奈川県神奈川県立平塚中等教育学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ