シェア先生の授業リポート

2014/09/24
埼玉県 埼玉県立芸術総合高等学校の巻

写真
埼玉県立芸術総合高校



9月24日、埼玉県立芸術総合高校に出前授業で伺った。
小手指駅からバスで10分、高校前停留所から徒歩で5分の小高い丘の上にあり、早稲田大学の所沢キャンパスが隣接している。



同校は、平成12年に美術科、音楽科、映像芸術科、舞台芸術科を有する全国で初の普通科がない芸術専門の高等学校として開設された県立の芸術総合高校で、芸術系の学校らしく校内には階段や廊下等のいたるところに生徒による立派な作品が展示してある。
今回は選択科目で政治・経済を選択している美術科3年生の生徒40人に、経済と株価の関係等の講義をして欲しいとの依頼を受けての出前授業となったものである。


写真
生徒による造形作品


日頃、芸術という経済とは遠く離れたイメージの勉強をしている生徒達であり、経済や株式などの堅そうな話に興味を持ってくれるだろうかと不安もあったが、皆んな会場への集合もスムーズで、講義もしっかりと興味を持って聴いてくれた。
それぞれ自分の目的なり希望を持って勉強している生徒さんが多いためか、講義を通して非常に前向きで、何事にも熱心に取り組んで学校生活を過ごしている雰囲気が感じられた。
また、先生方の金融経済教育に対するご理解と関心も高いようで、授業には校長先生はじめ他の担任の先生方も見学に来ていただけた。




同校には既に声優等幅広い芸術関係の職業で活躍している卒業生も多く、校長先生、教務主任の担当の先生に伺ったお話では大学の進学も芸術系に進む生徒さんが多いそうだ。
今後、この生徒達から数多くの人材が芸術関係の分野に進出していくのだろうととても楽しみに感じた出前授業だった。


<シェア先生(新)>

 

 

このページのトップへ