シェア先生の授業リポート

2014/07/15
埼玉県 本庄東高等学校附属中学校の巻

写真
本庄駅の学校のバス停

やはり本庄は暑い。最高気温のニュースで話題に出てくる熊谷、高崎の地域のそばだ。
冷房の効いた高崎線を降りると特に感じる。上野駅から1時間半。すごく遠いというわけではないが、東京とは暑さが違うことが分かる。

駅からは、学校のスクールバスで向かう。さすが私立だと思う。校舎も光が入ってくる開放的な校舎で、授業をさせていただく会場は100人以上入っているのを感じさせないゆとりがあり、環境がとても良い。

写真
中学の校舎

2時間も時間をいただいたので、中学1年生ではあるが、円高円安についても説明をした。ワークシートを使って、振り返りの確認をしたが、ほとんどの生徒が出来ている。

この話を聞き、夏休みに仕事について調べるとのこと、いろいろな職種があるだろう。いろいろな会社があるだろう。中には金融の仕事を調べるグループもいるらしい。
授業が終わっても質問をしたい生徒達が並ぶ。
熱心な生徒が多いのもこの学校の特徴のような気がする。

写真
バスの車窓から見えた高校校舎

お昼を過ぎて本庄駅にもどり、何を食べようかな~と思ったが、あれ?お店がない。
駅向こうに線路を渡ったが、この暑い中、ラーメンは、食べたくない。
パチンコ屋の隣に自動販売機でチケットを買うコーヒー屋を見つけたが、これではお腹がいっぱいにならない。昼を諦め電車に乗ることを決意した。

私の学生時代、土曜の授業が終わった後、部活の開始まで、マックやケンタに行き、お昼を買うのが好きだった。日曜日の部活の後はよくピザの食べ放題を食べて家に帰った。
試合の後は、先生と別れるとちょっと離れた不二家でみんなでケーキを食べて帰った。
もちろん先生には内緒だが・・・。駅と学校の歩いて3分の範囲には地味ではあるがお店があり、お小遣いの限りを買い食いで使い果たした学生時代だった。
みんなはどこでおしゃべりして帰るのかな~と本庄駅のホームの自販機でジュースを買ってなかなか来ない電車を待った。暑かった。


<シェア先生(まち)>

<埼玉県本庄東高等学校附属中学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ