シェア先生の授業リポート

2014/06/02
石川県 石川県立金沢桜丘高等学校の巻

写真
歴史ある校舎が工事フェンスの先に見える

昨年に続き2度目の金沢桜丘高校への出前授業、学校の前に立つと「あれ?校舎がない!」
「祝 ○○部 優勝」「全国大会出場○○部」と運動系文科系の垂れ幕がたくさんかかっていた校舎だ。目の前を大きなトラックが通る。工事フェンスの向こうには伝統を漂わせる昔の校舎の屋根だけ見える。大規模な工事だ。
垂れ幕はないが、さすが文武両道の学校、校長室横にはたくさんのトロフィーや盾が飾られている。

写真
大工事中

使わせていただく教室は細長く唯一残っている感じがする。校庭にはプレハブの教室が立っているが、それをまったく感じさせないほど校庭が広い。ホームラン打つのって大変なんだなと改めて感じる。

今日の温度は、33.7度。 石川県今年初の暑さだったと後程ニュースで知った。
窓はすべて開けっ放しだが、暑い暑い。(東京より暑かった。)
後半の授業はボードゲームをしたので、一喜一憂ごとワーと声が上がり、部屋の温度も上昇する。短縮時間の中でこれだけの内容とボリュームの授業がこなせたのはさすがだと思う。来週の東京研修が充実したものになってくれるとうれしい。

写真
授業風景

授業が終わり、校舎の前に立っていると1年生であろう男子がスーパーの籠の中に軟式のテニスのボールと思われる汚い(いや、失礼!)…練習のしすぎで白色が土色になってしまったボールを胸にかかえ運んでいた。
実は、自分も軟式テニス部で勉強もせず、ほぼ毎日部活をしていた、部を引退しても日焼けは取れず卒業アルバムはクラスで一番黒かったことを思い出す。
そんな私だったが、校舎の前に立っているだけでも立ちくらみするほど今日は、暑い。ボールを運ぶ名も知らない彼に心の中で「日射病には気を付けてね」と呟いた。

写真
加賀百万石まつり

飛行機が遅れ夕方のニュースを空港で見ることになったが、そこで今年初の暑さと知った。夕方6時の段階で29.4度。運動系の部活のみんなは、大丈夫だったかなと思いながら、涼しいクーラーの下、快適にテレビを見ていた。次のニュースは、JR西日本金沢支社移転のニュースだった。来年は北陸新幹線が金沢に来る。今以上にたくさんの人が金沢に来ることになるだろう。これからの金沢の変化を記憶してほしい。来年の東京研修は飛行機ではなく新幹線かもしれない。


<シェア先生(まち)>

<石川県石川県立金沢桜丘高等学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ