シェア先生の授業リポート

2014/03/03
福島県 KTC中央高等学院の巻

写真

3月3日、福島県郡山市のKTC中央高等学院郡山キャンパスに伺った。郡山市は福島県のほぼ中央に位置し、西の会津若松市、東のいわき市、北の福島市への移動も容易であることから、交通の要所として福島県最大の経済圏を形成している。東京からも東北新幹線で1時間30分弱で行くことができる。
KTC中央高等学院は通信制高校のサポート校で、全国主要都市に27か所あり、各キャンパスは生徒たちが通学しやすいよう駅近辺に設けられている。今回の郡山キャンパスも駅から徒歩5分程度だ。

郡山キャンパスでの出前授業は2年前にも実施しており、今回で2回目だ。授業内容は「株式会社の仕組み」の説明に引き続きボードゲーム「ブルサ」を実施することとした。前回同様の授業構成であるが、取り上げるニュースは毎年の経済状況によって変化させていて、例えば外国為替だと前回は「円高」、今回は「円安」を取り上げているので、内容は異なってくる。

写真
楽しい活動報告が壁いっぱいに

今回の授業は1、2年生の生徒たちが対象で、時間になり教室に入るとすでに生徒たちが着席していて、早速授業を開始した。生徒たちのまじめで真剣な表情についついこちらも力が入り、時間をオーバーしての終了となったが、ボードゲームには先生も参加してもらい、楽しい雰囲気の中で授業を終えることができた。
後日、生徒たちの感想を送っていただいたが、「株式に興味を持った」、「将来は会社を経営したい」といった意見が数多くあり、今回の授業で生徒たちも経済への関心が高まったよだ。ぜひこの関心をずっと持ち続けてもらいたいと思う。

<シェア先生(シーサ)>

<福島県KTC中央高等学院のHPはこちら

 

 

このページのトップへ