シェア先生の授業リポート

2014/01/29
沖縄県 沖縄県立名護商工高等学校の巻

写真

1月29日、沖縄県名護市の名護商工高等学校に伺った。東京では5℃くらいの気温がここ沖縄では最高気温が25℃近くまで達する。暑いことを見越してコートなしのスーツ姿で沖縄に向かったが、上着は全く不要な南国の天気が迎えてくれた。
名護市は空港のある那覇市から高速バスで2時間程度、名護市ではこの時期「桜祭り」ということで多くの観光客が花見に訪れる。沖縄の桜は寒緋桜と言って鮮やかなピンクが特徴だが、民家にある桜の木も満開であった。

写真
名護の桜

名護市は全国で唯一の金融特区ということで、金融教育にも力を入れており、今回訪問した名護商工高等学校にも全国で初めて「ファイナンス科」が設置されている。同校には東京証券取引所への見学にも毎年来ていただいており、それが縁で今回「ファイナンス科」の生徒を対象に出前授業を実施することとなった。
会社や経済のことはすでに学習済みなのだろうか、とても理解が早い。そして生徒達が皆明るい表情で聞いてくれ、テンポよくとてもスムーズに授業を進めることができた。
名護市には金融特区という特徴を生かし、金融や経済が身近になるような教育環境を引き続き提供してもらいたいと思う。

<シェア先生(シーサ)>

<沖縄県沖縄県立名護商工高等学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ