シェア先生の授業リポート

2014/01/30
大阪府 大阪学芸中等教育学校の巻

写真
大阪学芸中等教育学校



 1月30日、大阪市の中高一貫教育校である大阪学芸中等教育学校に出前授業に伺った。中学3年生各クラス30名、4クラス合計120名に各クラス1時限ずつ、合計4時限の授業であった。




 当日はあいにくの雨模様であったが、前日からの大阪乗り入れであったため朝8時には学校へ到着できた。学校は商業地域にあるが、道路を隔ててたくさんの校舎や施設が立ち並んであおり、都心の大学を想像させるような佇まいの学校である。会場は、一人一台使用できるコンピュータを完備し情報化に対応する最新通信システムも揃っているという教室で、前面には大画面スクリーンが2台並び同時投影ができるという充実した設備の教室であった。



写真
校庭


 午前2クラス、午後も2クラスというスケジュールで合計4時限の授業は当方も経験がなく、若干授業の展開に心配もしたが、3年生の生徒たちは現在株式学習ゲームを実施中ということであり、経済や株式についての事前の知識があるせいか、会社名も良く知っており興味をもって説明を聞いてくれた。おかげで長い時間であったが、あっという間に終了したというのが実感であった。



 昼休みに担当の先生とお話をさせていただいたが、現在、政府も取り組んでいる金融経済教育についても詳しく、かつ熱心な先生で、これからの時代を生きる生徒たちにとってこういう先生が身近におられ指導を受けられるのは幸せなことだなと感じた。


<シェア先生(新)>

 

 

このページのトップへ