シェア先生の授業リポート

2014/01/23
千葉県 印西市立印旛中学校の巻

写真
印旛中学校校門より

 

 1月23日、印西市立印旛中学校に出前授業で伺い株式取引ゲーム「ブルサ」を実施した。
当初、同校PTAからの依頼で、親子で経済を話し合えるようにPTA主催の学習講座で授業をしてほしいとの依頼であったが、その後ブルサを実施することになり学校の授業として1年生の生徒も参加しての実施となった。



 当日は早めに北総線印旛日本医大駅に到着し、学校前の公園で時間を潰していたが、以前に降った雪が残っており、また寒波が近づいていたこともあってかなりの寒さだったため、少し早いかなと思いながらも1時間前に受付にお邪魔した。会場に案内してもらうと既にご父兄が集まっており、机の配置や資料の配布等の準備を進めてくれていた。


写真
印旛中学校校舎

 2時限90分の時間をいただいて、前半は株式会社と株式についてと株価の変動要因等について説明し、後半に株式取引ゲーム「ブルサ」を実施した。
 スライドを用いての説明とブルサ、ともにご父兄と教頭先生にも参加いただき、かなり緊張の中での授業となったが、生徒もみんな真剣に臨んでくれたためこちらもついつい力が入っているのが分かった。ブルサも皆んなで盛り上がり、若干時間が足りないくらいの終わり方であった。


 授業終了後もご父兄に手際良く片づけをしていただくなど、ご父兄のご協力で全体的に大変スムーズに進めることができた授業だった。
今回の授業は、東証で主催している「親子経済教室」に参加されたことのあるご父兄が提案してくれて実現したとのことである。夏休み等に実施している「親子経済教室」であるが、このような広がりがあるということは大変ありがたいことだと感じた。

<シェア先生(新)>

 

 

このページのトップへ