シェア先生の授業リポート

2013/11/11
兵庫県 甲南高等学校の巻

写真

11月11日、兵庫県芦屋市にある甲南高等学校を訪問した。芦屋市といえば日本でも有数の超高級住宅地であるが、同校も山側の住宅地にあり、周りに商店などはなく、100坪以上の敷地に囲まれた豪邸が立ち並んでいる。今回訪問のシェア先生も学生のころは2駅となりの街に住んでいたものの芦屋は訪れた記憶はなく、貧乏学生だったので全く無縁の場所だと思っていたが、今回の訪問で、そういえば阪神芦屋駅近くの予備校で採点のバイトをしたことがあったなあと数十年ぶりに思いだした。

写真

同校は設立が1919年と歴史も古く、もうすぐ100周年を迎えることになるが、この間多くの著名経済人を輩出しており、現日本経済連合会会長も同校出身であるほか、誰もが知っているような会社の社長を数多く輩出しているようだ。
今回の授業は2時間いただき、株式会社の仕組みを勉強したうえでボードゲーム「ブルサ」を実践することとした。最近の出前授業はこの流れが多く、リピート校も多い形式だ。
授業はじめは生徒達と若干距離感があるような雰囲気であったが、ゲームに移ると活気が出てきてにぎやかな感じとなった。ゲームを進める中で最近の経済状況も理解できるようになっている。この点、この教材の良さを改めて認識した。

写真

授業の中では「夢の実現に会社をつくろう!」と説明しているが、実際にこの生徒たちの中からも社長を目指す人が何人も出るだろう。今回の授業が少しでも役に立てばいいな、と感じた1日だった。


<シェア先生(シーサ)>

<兵庫県甲南高等学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ