シェア先生の授業リポート

2013/10/15
愛知県 愛知県立愛知商業高等学校の巻

写真
愛知県立愛知商業高等学校



 10月15日(月)、10年に一度という大型台風26号による暴風雨が夕刻から始まりそうだという天気予報の中、そろそろ小雨が降りだした午前9時前に名古屋に到着、雨足が強くなる前に愛知県立愛知商業高等学校に到着した。


 同校は今月の下旬から「株式学習ゲーム」を実施する予定であり、その前に「株式会社」や「株式」について理解を深めたいとのことで今回の出前授業の依頼をいただいた。
受付を済ませて、玄関のエントランスを見ると実に多くのトロフィーや賞状が陳列してあった。先生の話ではスポーツの表彰だけではなく珠算など文化部も活躍しているらしい。

 今回は3年生2クラスを2時間ずつ、合計4時間の授業であったが、それぞれ「株式会社の役割と株式」の説明と株式取引ゲーム「ブルサ」を2時間にわたって実施した。すでに簿記2級を取得している生徒も多く、したがって会計用語にも違和感はなくまた経済にも興味があるとの話を伺った。たしかに授業でも用語の解説を詳しく行わなくても理解してもらえたようで、説明もスムーズに進めることができた。
 女生徒が大半で男子が2,3人というクラスの構成であったが、仲の良いクラスのようで皆んな明るい生徒達だった。授業も真面目に聞いてくれたし、「ブルサ」も一生懸命に臨んでくれて大いに盛り上がった。

 昼休みを挟んだ授業であったが、その昼休みの間に雨が多少強まってきた。翌日は2年生のテストがあるとのことだったが、教頭先生も台風の影響を心配されていた。
授業終了後、帰りの新幹線等交通手段が心配だったため、挨拶もそこそこに学校を後にして、帰りの新幹線を早めて帰宅したが、最寄りの駅は豪雨のため改札の外は駅舎を出られない通勤客でごった返していた。
 自宅までとても歩いては帰れないような大雨だったため家族に車で迎えに来てもらった。車のフロントガラス越しに豪雨を眺めながら、授業中の明るい生徒達の様子を思い浮かべ、名古屋の雨の中をあの生徒たちは無事に帰宅できたのだろうか、明日のテストは中止になるのだろうかと心配しながらの帰宅になった。


<シェア先生(新)>

 

 

このページのトップへ