シェア先生の授業リポート

2013/09/26
埼玉県 川口市立仲町中学校の巻

写真

9月26日、台風が心配されたが、晴れ間も見える中、埼玉県の川口市立仲町中学に出向いた。
ご連絡をくださった大川教頭先生は、去年も、別の学校で出前授業をご依頼いただいた先生だ。


写真

今回の3年生の生徒たちは、総合の授業で「みんなで体験!株式会社とお金のしくみ」(証券知識普及プロジェクト作成教材)を利用し株式会社をつくっている。
4人で1グループになり、お菓子の新商品の開発をし、その中で、株式会社のしくみなどの経済の動き、ディスカッションやプレゼンテーションの経験・スキル、そして、健康や安全、食育などの身近な部分にも興味関心を持ってもらうことを目的として行っているそうだ。

先週から始まった授業の一環ということで、まずは株式会社のしくみから、ボードゲーム「ブルサ」をやらせていただいた。
体育館で車座になっての120人での2時間での授業ということで、最後までお話を聞いてもらえるか不安な部分もあったが、ブルサも数問行ったあたりから、歓声も聞かれるようになり、また、先生方のご協力もあったため、楽しく終了することができた。
校長先生や大川先生からいろいろとご意見も伺え、また今後に生かせる1日だったように思う。

写真

生徒たちは、今回の授業、そしてこれからも続くお菓子の開発、模擬株式会社の運営を進める中で、たくさんの経験をし、いろいろなものを得られるだろう。そして、少しずつでも社会の仕組みや、いろいろなことに興味を持てることができるといいなと思う。

体育館から玄関までの廊下には、生徒たちの力作が所狭しと並んでいた。いろいろなことを経験させようという学校側の取組みが垣間見える楽しい帰り道であった。

<シェア先生(AK)>

<埼玉県川口市立仲町中学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ