シェア先生の授業リポート

2013/08/28
神奈川県 川崎市立渡田中学校の巻

写真
川崎市立渡田中学校

 川崎駅からバス7分の渡田向町停留所すぐそばの川崎市立渡田中学校へ出前授業に伺った。
当日は夏休み明け初日で、「総合学習の時間」の取組として1、2年生は「職業調べ」の日であった。 近隣の事業所へ出向きインタビューを実施するグループや企業からの訪問による出前授業を受けるグループ等に分かれて、働くことの意義や職業についての理解を深める活動を実施するという内容だ。

 企業からの訪問としては、東証ともう1社の2社で授業を担当したようだ。今回の授業は1年生に2時間というスケジュールで、1時間目に「株式会社と株式」についてのレクチャー、2時間目に「株式取引ゲーム(ブルサ)」を実施した。
まだ1年生でこれから中学・高校と進むなかで様々な企業からの話を聞く機会を持つ生徒達であり、また今後接する多くの企業が株式会社であると思われる。したがって今回は「株式会社」というものに興味を持ってもらい、今後のキャリア教育の助けになればと、特に「暮らしと株式会社の関わり」や「株式会社・株式の役割」等についてを中心に説明を行った。

 10数名の少人数であったためとてもフレンドリーに進めることができ、また皆んな質問にも積極的に答えてくれるなど真面目に授業を受けてくれた。2時間目の「ブルサ」では、最初は戸惑いを見せていた生徒達も問題が進むにつれ活発に取引をして、最後のニュースでは「えーっ、もう終わりなの」と落胆の声が上がるなど十分に楽しんでもらえたようだ。
 授業の様子をビデオ撮影されていた先生が終了後に挨拶に来られて、「解り易い説明だったので、撮影を止めて僕も一緒に聞きたかったくらいです」と仰ってくれた。お気遣いとは思うが、疲れが一瞬で飛んでしまうほどの暖かいねぎらいの言葉だった。

<シェア先生(新)>

 

 

このページのトップへ