シェア先生の授業リポート

2013/01/31
沖縄県 名護市立羽地中学校の巻

写真

1月31日、沖縄県北部に位置する名護市の羽地中学校に伺った。同校での出前授業は昨年に引き続き2回目となる。
東京はこの冬寒い日が続いているが、沖縄は最高気温25℃、最低気温20℃といった感じで、これが同じ日本かと思うくらい暖かい。この暖かい気候を活かしてプロ野球球団のキャンプ誘致を積極的に展開しており、今年は日本の9球団、韓国6球団が沖縄県内でキャンプを行っていて、羽地中学校のある名護市も日本ハムが名護市営球場を利用している。このため、冬場は観光客が少ない時期となるが、今回の出前授業前後の日は日ハムファンで街はにぎやかな感じとなっていた。

写真

羽地中学校での授業は、今回も2日間にわたり、3クラスそれぞれに株式会社の仕組みの授業に引き続きボードゲーム「ブルサ」を実施する内容だ。昨年と生徒は入れ替わっているわけだが、今年も皆素直で元気がいい。とても楽しく授業を進めることができた。これもひとえに先生方のご指導の賜物であろう。
給食もごちそうになりました。比嘉先生はじめ先生方に改めて御礼申し上げます。

<シェア先生(シーサ)>

 

 

このページのトップへ