シェア先生の授業リポート

2012/10/03
茨城県 つくば市立竹園西小学校の巻

写真
モダンな校舎

10月3日、つくば市にある竹園西小学校に出前授業に伺った。「つくば」というと、都心からかなり遠いイメージがあったが、2005年につくばエクスプレスが開通してからは東証のある兜町からでも約1時間で行けるようになり、ぐっと距離感が縮まった感じだ。
つくば市は「筑波学究学園都市」として発展を続け、国や民間の研究機関が集積していることから、駅周辺は大きな商業施設やショッピングモールが存在し、都心と違わない街並みが広がっている。

写真
お隣の緑豊かな公園

竹園西小学校は、つくば駅から南側に向かって歩いて約20分くらい(学校HPには10分とあるが、これは徒歩ではなく競歩と思われ)のところにあり、周りには文部科学省研究交流センターや国際会議場が存在する。学校のお隣は緑豊かな広い公園があり、周辺環境はすばらしい。学校の校舎も小学校とは思えないモダンな造りで、担当の先生に伺うと、著名な建築家の設計とのことだ。1990年竣工なので築20年以上経過しているはずだが、今でも新しさを感じさせる。

写真

思いのほか時間がかかったが何とか授業前に到着し、6年生に体育館に集まってもらい、授業を開始した。研究者の子息が多いとのことで、集中力が高く一所懸命聞いてくれ、またノリもよくて「東証は経済の中心地と言われてます。1日1兆円もお金が動いてます。」との説明の後、「この中で、1兆円を持っている子はいますか?」との問いかけに、「はーい」と10人くらい手を挙げてくれた。おかげでテンポよく楽しく授業を進めることができた。
本日の授業を聞いてくれた生徒たちのうちの何人かは翌々週に東証見学に来てもらえるとのことだ。本日の授業や東証見学を契機に、生徒たちが経済や株式により深く関心をもってもらえるといいなと思いつつ、学校を後にした。

<シェア先生(シーサ)>

 

 

このページのトップへ