シェア先生の授業リポート

2012/07/12
静岡県 県立伊豆中央高等学校の巻

写真

静岡県立伊豆中央高等学校は、名前の通り伊豆半島にあり、伊豆長岡町、大仁町、韮山町が合併して2005年にできた伊豆の国市に位置する。最寄りの伊豆長岡駅を降りるとのんびりした雰囲気の街が広がっているが、駅西側の道をまっすぐ行くと伊豆の温泉街にたどり着く。
同校は温泉街にたどり行く手前の千歳橋を、狩野川に沿って5分ほど北上したところにある。豊かな自然に恵まれた環境が素晴らしい。
同校は1979年に創立された学校で、「文武両道」を実践し、県内でも有数の進学校でありながらスポーツも盛んのようである。今回の授業はキャリア教育の一環として「進路出前講義」と題して、様々な業界から講師を招いて講義を実施する中で、東証も参加させていただいたものだ。

写真
広いグラウンド

当日は、「ブルサ」というボードゲームを実施した。様々な事象により経済がどう動き株価がどのように反応するかを考えるゲームであるが、生徒たちは、いろいろある講義の中から希望して集まってもらっただけあって、最初は静かに集中し、次第に熱中して取り組んでくれた。
「文武両道」をモットーとするだけあって、集中力が素晴らしいと感じた。終了時刻は若干時間オーバーとなったが、先生方にもいろいろサポートしていただき、無事に授業を終えることができた。
先生方には改めて御礼申し上げます。

<シェア先生(シーサ)>

<静岡県県立伊豆中央高等学校のHPはこちら

 

 

このページのトップへ