シェア先生の授業リポート

2011/07/09
愛知県 愛知教育大学公開講座(親子経済教室)の巻

写真

愛知教育大学の公開講座『親子で学ぼう!経済のしくみ』のお手伝いをした。
「会社ってどうやって作るの?―企業と株式市場の役割―」という難しいテーマだが、ロールプレイや、ゲームをして小学生にも楽しく理解してもらえるように努力をした。

ロールプレイは、ある児童に社長になってもらい、会社をはじめる時の資金を株式で集める体験をし、株式のいいところとリスクを学んでもらった。
ゲームでは「ブルサ」というもので、経済ニュースを聞いて、自分自身で考え、架空の会社3社の株式を売買してもらった。「難しかった?」と児童に聞くと、「よく分かった。楽しかった。」と、保護者の方からも「大人でもためになる内容でした。簡単に説明してもらえて分かりやすかった。」と感想を頂いた。

写真

昨年は、大人向きに公開講座を行なったが、「このようなことを早く知りたかった。」と感想があり、子どもの頃から経済に触れるということで今年は親子開催にしたとご担当の愛知教育大学 水野先生から伺った。
今回の公開講座は、全2回コースで来週は、「銀行って何だろう?-世の中のお金の流れと銀行の役割-」を行なうとのこと。いろいろなことに触れて欲しい。

このような講座が開催できたのも水野先生、名古屋市生涯学習推進センターの方のご尽力があったからこそ開催ができたと思う。これからも産学官連携による講座として発展していくことに微力ながらでも協力がすることができたら幸いである。

<シェア先生(まち)>

 

 

コメントを書く

このページのトップへ