シェア先生の授業リポート

2011/01/14
茨城県 茨城県立茎崎高等学校の巻

写真

茨城県立茎崎高等学校の最寄り駅は常磐線の牛久という駅だ。駅から15分ほど車に乗り、校門の前に立つとギリシャ彫刻を思わせる真っ白な校舎が目に入る。
雲ひとつ無い冬の澄んだ青空とのコントラストがとてもきれいだ。

今日は高校3年生の授業になる。もうすぐ卒業を控え、社会に出るヒントになればいいと思う。
1時間目の授業は、「株式会社のしくみ」についてお話をした。生徒さんに社長役や株主役になってもらい、ロールプレイを行なったが、理解力が早くスムーズに進み、仲良しの友達の茶化しが入り、笑いの中で授業が進行した。

2時間目は、「ブルサ」というボードゲームを行なった。4・5人のグループでニュースを聞き3種類の株式を売買してもらい、最後に現金と株式の合計が多い人が勝ちというゲームだ。
いろいろな感想があった。
・初めてやったけど株のことがわかった。楽しかった。
・株式の売買は儲かったり、儲からなかったりする。難しい~。
・難しかったけど、まぁ楽しかった。
・お金の流れが分かった。
・2年、3年先を読んで行動することを覚えた。
・株式はいろいろ先のことを考えて売り買いをしたほうがいい。勉強になった。でも怖くて将来は、株式の売買はできないと思う。
・ニュースを読むことが大切だ。
など
いろいろな気付きがあったようだ。
これからも自分のアンテナを多方面に立て、気付きを大切にしてもらいたい。

<シェア先生(まち)>

<茨城県茨城県立茎崎高等学校のHPはこちら

 

 

コメントを書く

このページのトップへ