シェア先生の授業リポート

2009/09/14
奈良県 (国)奈良女子大学附属小学校の巻

写真
『玄奘三蔵院』、院内に平山郁夫作の『大唐西域壁画』が

奈良。そこは訪れる人にとって心癒され‚やすらぎを感じる不思議な場所である。秋篠寺、唐招提寺、法華寺、薬師寺など魅力あふれる寺院が多く数えきれない。寺院は落ち着いた雰囲気の中ひなびた味わいを醸しだすばかりか、国宝、重要文化財級の仏像とのありがたい出会いが待ちうけてくれる。しかも各寺院はほどよく点在しており周囲の風景に加え心の散歩道も楽しめる。

写真
静かな佇まいの西大寺の本堂。そこには心の出会いが。

薬師三尊像で有名な薬師寺の敷地の一角に『玄奘三蔵院』がある。院内に平山郁夫作の『大唐西域壁画』が展示されている。七場面・十三壁面から構成されるその壁画は、朝明けの長安に始まり、真昼の西方浄土須弥山(ヒマラヤの連山)、バーミアンの石窟、デカン高原の夕べ、月光のナーランダ寺と、玄奘三蔵のインドへの求道の旅を1日の時間経緯で描いている。
この壁画は来年が平城遷都1300年に当たることから年中公開されるそうである。
「各々方!是非鑑賞されたし!」です。
数年前、小生が訪れたときはあいにく非公開日だった。残念で諦めきれずにいた。ふとそのとき、僧侶を先頭になにやら大切な客人の一行が別棟からやってきた。厚かましくもその集団に飲み込まれることにした。「この人、誰?」刺すような視線を感じつつも僧侶の説明と壁画に魅入る。貴重な思い出となった。

写真
奈良女子大学附属小学校への出前授業

今回は、授業までのわずかな時間に西大寺を訪れた。静かなたたずまいの本堂で「あっ!」と思わず息を飲む。『釈迦如来立像』と『文殊菩薩騎獅像』との出会い。瞬間、宇宙が静止した。ただただ魅せられる。前者の人の心の奥まで鋭く見透かしつつもすべてを受け入れてくれる清く澄んだ眼差しと後者の何人も温かく包み込む柔和な表情に接して真にありがたみと喜びに浸ることができた。


写真
教室は自由闊達な雰囲気と個性で溢れている

さて、この度は奈良女子大学附属小学校への出前授業である。国立系の学校への出前授業は学芸大学附属高等学校、同附属世田谷中学校、お茶の水大学附属中学校、京都教育大学附属桃山中学校に次ぐものであり、奈良県への出前授業では4年前に行った生駒市立緑ヶ丘中学校以来になる。
学校では児童に主体的、自主的、協力的、創造的に学ばせたいという願いが込められているだけに児童の学ぶ態度やしぐさには規律のなかにも自由闊達な雰囲気と個性がうかがえた。授業は、代表児童による冒頭の挨拶で始る。次いで挙手した児童から「学びへのめあて」が発せられ、結びに代表児童による謝辞がある。終盤、挙手した児童から「学びの振返り」について意見がだされたことには特に感銘を受けた。また、児童によるパワーポイント画面の唱和が今までの中で一番元気で大きな声で読まれたことも印象的だった。
椙田副校長先生、大野木先生にはこのたびの授業実現にむけた準備などで大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。

<シェア先生(大)>

<奈良県(国)奈良女子大学附属小学校のHPはこちら

 

 

コメントを書く

このページのトップへ