シェア先生の授業リポート

2008/03/06
香川県 県立高松商業高等学校の巻

写真
「名物の石段と背景の讃岐平野」

前山先生との打合せの時刻までに少し時間ができた。温暖な気候に恵まれた『さぬき路』の香りを味わうには、先ず『こんぴらさん』へ。ということで高松城跡近くの「高松築港駅」から『ことでん』に乗る。栗林公園を過ぎて讃岐平野を小一時間走ると門前町「琴平駅」に着く。

写真
『しあわせさん こんぴらさん』

旅館や土産物店が軒を並べる参道を「ヨイショ、ヨイショ」「ハア、ハア」と上り下りする参拝客。石段は奥社まで1368段ある。小生は御本宮までの785段を登ることにしたが、結構大変だった。途中、展望台から讃岐平野の美しい風景を楽しむ。
御本宮にて「出前授業で高松に来ることができました。ありがとうございます。」と拝礼した。
道中、とても微笑ましくもあり印象的だったことは『しあわせさん、こんぴらさん』のフレーズが電車や横断幕などいたるところに描かれていたことである。柔らかなひらがなが地の黄色に映えて優しく温もりを感じる。何となく心地いい。

写真
校舎に翻る「祝全国大会出場
(全国制覇の夢のせて)」の垂れ幕

今回は事前打合せの終了後及び当日の昼の時間に数人の先生方とゆっくりとお話できた。こんなことは実に稀である。
部活の指導者も兼ねている各先生方から教科や部活の指導に多忙を極めている様子や部活の成果や苦労話、更には、教育先進国といわれるフィンランドなど欧州諸国における教育事情の視察を通じて「教育」への意識が変わったことなどなど。時間の経つのも忘れ、熱い教育論を聞かせていただいた。
貴重な話をありがとうございました。

写真
「一日の売買金額は?
(一万円札を積み上げて
飛行機の高度だと思う人は?」
質問に答えて、挙手する生徒さん

(宮川校長先生、横山教頭先生、谷岡教頭先生には、出前授業の機会をくださり心から感謝申し上げます。)

<シェア先生(大)>

<香川県県立高松商業高等学校のHPはこちら

 

 

コメントを書く

このページのトップへ